婚活中の女性からのご相談。年収400万円のお相手と結婚しても大丈夫でしょうか?

ライフプラン

こんにちは!

私は職業柄、シングル女性のご相談も多く受けており、その中には婚活中の女性も多くいらっしゃいます。
結婚に対する意識が多様化している現代ですが、今日は『これから結婚したい』という方に限定したお話をします。

結婚に関する質問でとてもよくあるものは、気になるお相手の方がいて容姿も性格も問題無さそうなのですが、年収が400万円台なので生活がやっていけるか心配なんです。というお悩み。

例えば、

①ご自身は年収600万円なのですが、気にあるお相手は年収400万円台というケース。
②ご自身は年収200万円ほどでお相手が400万円台なので生活が心配などというケース。

まずは、①の年収600万円有る女性は結婚しなくてもお一人で生活はやっていけるという自信が有る方が多いです。
だからこそ結婚をそんなに焦ってはいないし、お相手にも高い条件を望まれていて、結婚の優先度も低めな方もいらっしゃいます。

『ご自身よりも年収が低いお相手と結婚するのは損!』だと考えられる方も多いです。
ですが、そもそも結婚というのは損得勘定でするものでもありませんし、当たり前ですがお金儲けでやるものでもありません。

ご自身が年収600万円でお相手が年収400万円とすると、お2人の世帯年収は1000万円になります。
大前提としてこれでお二人の生活がやっていけないはずは有りません。

もし、どうしてもご自身が損をすると思ってしまうなら、家計管理で調整をすればいいわけです。

例えば、最近特に増えているのは『分担性』です。
よくあるのは家賃(住宅ローン)と光熱費は旦那さんが払って、食費や消耗品費は妻が払う、残りの将来のための貯金などは2人で話し合って決めるなどという感じです。

少し前までは、旦那さんが稼いで妻が家計管理をして、旦那さんは妻からお小遣いをもらうというお小遣い制も多かったのですが、夫婦共働きが当たり前になった現代では、この分担性がとても増えて来ています。

そうすると、初めにきちんとそれぞれの負担を話し合って決めてさえいれば、収入に対する不公平感も無くなるのではないでしょうか。

また、旦那さんが年収400万円台で妻が200万円台という場合。
この場合は先ほどとは違い、将来のお金に関してとても不安に思われて、結婚に一歩踏み切れないという方も多くいらっしゃいます。

ですが、まず大前提として年収400万円台は低所得なのでしょうか?

平均年収を見てみましょう。
2020年12月のDODAさんの調査によると、

20代男性の平均年収は371万円、30代は484万円、40代は573万円、50代以上は661万円となっています。
女性は、20代が321万円、30代が377万円、40代は403万円、50代以上は431万円になっています。

これを見て、果たして結婚世代の男性の年収400万円台は低所得なのでしょうか。
例えば、年収450万円のお相手と結婚したとしましょう。
そしてご自身(妻)は年収200万円だったと仮定します。
この場合の夫婦合計の世帯年収は650万円になります。

世帯年収650万円有れば、マイホーム購入だって可能ですし、お子様も育てていけます。

実際に私のお客様でも、この様に世帯年収が650万円というご家庭もとても多くいらっしゃいますし、その方達が経済的に生活にとても苦労しているかと言えば、そんなことは有りません。

マイホームを購入をして、お子様を立派に育てられている方もとてもたくさんいらっしゃいます。
ある程度の家計管理をしっかりしていれば、この収入が有れば貧困生活なんて事にはならないのが通常です。

婚活のお話に戻しますと、お相手の容姿や性格に難が見られず、年収400万円台という事だけがネックになっている方は、他に問題が無いからこそ尚さら真剣に悩んでいる方が多いのですが、それだけで断るのはもったいなさすぎると私は思います。

私のお客様でも年収400万円台の旦那さんと年収200万円台の妻で、マイホームを購入されてお子様もいるという方はとても多くいらっしゃいます。
収入だけが理由で一歩踏み切れずに悩んでおられる方は、結婚に対してのこのイメージが湧かないから不安になっているだけではないでしょうか?

私のお客様でそういったご家庭の方が相談に来られる際には、だいたい小さなお子様も一緒に来られるのですが、ご夫婦もとても仲が良く、相談中はお子様も一緒に聞いておられたり、YouTubeなどの動画を楽しそうに眺めていたりと、いかにも『幸せ家族』という感じで私も相談を受けながら心の中でホッコリしています。
私が見ていてもとても幸せそうなご家庭が多い印象です。

婚活中のシングル女性の中には、『もっといい人が現れるのではないか』と結婚にも一歩踏み切れないし、かと言って『一生1人で生活をしていく自信も無くて』、どっちつかずで将来に大きな不安を抱えられている方がとても多い印象です。

繰り返しますが、結婚はお金儲けでは有りませんし、世帯年収が高い方が幸せかというとそういう訳では全く有りません。
もしあなたも今婚活をしていて、収入面だけで悩んでおられる様でしたら、余程でない限りは少し前向きにご検討されても良いのではないでしょうか。

私は職業柄、年間で約600件以上のあらゆるお金のご相談を受けていますし、いろんなご家庭の経済的な内部事情を見ています。
だいたいのお金の問題は、ほとんどが解決出来るものです。

もしどうしても自信が持てないという場合や、結婚に踏み切る決め手が欲しい(笑)という場合は、お気軽にお声がけください。
少しでもあなたの幸せな結婚生活を送るためのお力になれれば幸いです。

ではまた!

 

 

The following two tabs change content below.
伊藤 尚徳

伊藤 尚徳

金融機関の事業資金融資の部署で8年間勤務した後、FP資格を取得して大手FP事務所に勤務し、その後独立した金融業界一色の専門家。 FPは一つの分野に特化していてはいけないと、幅広い相談が出来る様に独立系FP事務所、株式会社FPギャラリーを設立。 現在、大手上場企業7社と提携し、資産運用、住宅資金相談、保険、税金、相続・事業承継など、法人・個人含めてFP6分野全てで年間約600件以上のあらゆる相談を受けて問題を解決している。 また、全国各地でセミナーや各種講演なども行っており、非常に分かりやすい話し方に定評がある。家計の無駄を徹底的に省き、資産に残す提案を得意とする。

“30代から始める”カンタン貯蓄術!らくらく“3000万円”を貯められちゃう方法読むだけリッチメールレッスン

伊藤 尚徳

31,228 views

金融機関の事業資金融資の部署で8年間勤務した後、FP資格を取得して大手FP事務所に勤務し、その後独立した金融業界一色の専門家。 FPは一つの分野に特化してい...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧