保険!そもそも必要なの?から考えます

保険
保険

★あなたはなぜ生命保険に入っているのですか?

あなたはなぜ生命保険に入っているのですか?
もしくは、何のために生命保険を検討しようとしているのですか?

成人したから?
社会人になったから?
結婚したから?
子供が産まれたから?
何となく?
みんなが入っているから?
入るのが常識だから?
遺産を残してあげたいから?
保険営業マンに勧めるがまま?

実は生命保険というのは入らなくてはいけない人と、入らなくていい人とにクッキリ分かれます。
必要のない人には生命保険は要らないのです!

保険営業マンの言われるがまま、本来入らなくても良い保険に入っている人は非常にたくさんいらっしゃいます。

何かのためのお金を準備するためには、保険という商品でなくても他にも金融商品はたくさん有ります。

★保険に入る理由・目的

まず保険に加入するには、その理由・目的を明確にしましょう。
実は保険に加入する目的は大きく分けて3つ有ります。

1. 保障目的
2. 積立目的
3. 節税目的

ご自身がまずはどの目的で保険を検討しているのかをしっかり意識してから検討しましょう。

そしてその目的を明確にした上で、具体的な保障額や商品選びをしていきます。

★どの保険会社の商品がいい?

日本国内には数十社にのぼる数多くの保険会社が存在します。
その中からお客様が本当に自分に合った保険商品をご自身で探し出すのは至難の業です。

そもそも保険に入る必要があるのか、保険以外で他に有利な方法は無いのか、他社と比較して自分に合った保険商品はどれなのか。

現在加入している保険で将来困った事にならないか、保険に入りすぎていないか、逆に保障が足りているか、月々の保険料が高いので安くならないか、などなど保険に関する不安や疑問はキリが無いほど有ります。

また、保険というのは保険だけの分野で考えてはいけません。

税金の面だったり相続から見た視点、そして資産運用や住宅ローンの繰上返済、老後資金準備に至るまで、あらゆる面から見て総合的に判断しなくてはいけないのです。

ですので保険にガッツリと入って万全の保障を準備しても、税金面や住宅ローンの繰上返済や老後資金などで困った事に陥るケースも十分起こり得るわけです。

限られた収入や資産の中から、保障に充てる金額と貯蓄にまわす金額のバランスもきちんと考えていかなくてはなりません。

★保険会社や保険代理店と何が違うの?

FPギャラリーでは、まずはそもそも保険が必要なのかどうかの視点から入り、徹底的に無駄を省き、保険以外の解決手段も考慮に入れながら必要な保障をあぶり出します。

そしてそれを複数の保険会社の商品の中から、お客様視点で適切な保険を選択してご提案する事が可能です。

ただ単なる保険代理店とは違い、保険だけで考えるのではなく、資産運用や税金面、住宅ローンの返済や老後資金、相続・贈与に至るまで、総合的な視点で現状を分析し、独立系FPのプロの視点から包括的にご提案する体制を整えております。

同じ収入だったとしても、出来る限りより多くの資産を残していきましょう。

一度お話を聞いてみたい方はお気軽に。

“30代から始める”カンタン貯蓄術!らくらく“3000万円”を貯められちゃう方法読むだけリッチメールレッスン

ピックアップ記事

関連記事一覧