肥満度で生命保険の保険料が高くなる??

皆さんこんにちは~!

さあいよいよ今年もあと2日。

年末なので何かと美味しい物を食べる機会が増えてきました。

普段から美味しいレストラン巡りが大好きな私は、食べたい物を我慢せずそのまま食べていたら最近少し太ってきました。笑

普段ダイエットなどは全くしていませんし、あまり気にしていないのですが、このお正月は更に太るだろうなと思ってます。

さて、今日はそんな肥満度をチェックするBMI指数についてお話しします。

この数値はご存知の方も多いかと思います。

計算方法はいたってカンタンです。

体重kg÷(身長m×身長m)=BMI数値 です。

例えば、身長170cm、体重60kgの人だと。。。

60÷(1.7×1.7)=20.7

という結果になります。

これを以下の表に照らし合わせてみましょう。

判定
やせぎみ
普通
太りぎみ
太りすぎ
BMI指数
20未満
20~24
未満
24~26.5
未満
26.5以上

20.7なのでギリギリ普通ということですね。

こんな感じで皆さんも今日時点のメタボチェックをしてみましょう。

そして標準体重は、統計上もっとも病気になりにくい体重のことらしいです。
でも標準体重だと見た目、ややポッチャリ形になるみたいです。

さてこのBMI数値ですが、実は生命保険の保険料にも関係しています!!

日本国内には生命保険会社って約50社ほど有るわけですが、その中でも健康体(優良体)料率という料率を採用している保険会社が有ります。

これは、身体のどこにも異常のない至って健康な人と、数値に異常が有ったり、タバコを吸ったりする人とでは死亡する確率に違いが出てくるので、それなのに支払う保険料が同じというのは不公平でしょ、という意味合いから来ています。

そして今回お話しているBMI数値!

これがこの健康体の保険料率の判断基準にも含まれている訳です。

例えば、BMI数値が、18以上27未満だったら健康体が適用されるという保険会社もあります。

同じ保険会社で同じ金額の保険に加入したとしても、この健康体と標準体の保険料の差は保険会社によってはかなりの差が出るところも有ります。

もちろん健康な人、タバコを吸わない人の方が保険料は安くなるわけです。

同じ保障でも健康体(優良体)で3000円台の保険料が、標準体では6000円台になったりもします。

もちろんタバコを吸う、吸わないによっても差が出ます。

なのでタバコを吸わなくて身体が健康な人は、生命保険を見直せば、同じ金額の保障でも保険料が安くなるかもしれないですね。

皆さんも是非一度このBMI数値、計算してみてください。

もしご興味のある方はお気軽にご相談くださいませ。

ご質問・ご相談はこちら

ちなみにファッション性を重視した体重を目指すのなら、BMI指数19を目安にすると良いようです。
ただ、それ以下は、痩せすぎですのでお気を付け下さいね。

ダイエットをするときには、健康には十分気をつけて下さいね。

というわけで今日は肥満度チェックのBMI指数のお話しをしました。

それでは、ちょっと小腹が空いてきたので、何かおやつでも食べよかな。笑

(この生クリーム、うまいんだよな。。。笑)

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

FPギャラリー金沢支社

FPギャラリー金沢支社
ページ上部へ戻る